投稿

スマートフォンでお手軽!カード決済サービス4選

イメージ
このブログを書いている福西も昔、飲食店を経営しておりまして、カード決済も入れていたのですが決済手数料も入金サイクルも時代とともに大分変化を感じます。スマートフォンに接続する形のカードリーダーも見たことがある方も多いのではないでしょうか?
今回はお手軽になってきたカード決済サービスについて、決済手数料はどんぐりの背比べになってきているので別の観点で4サービスを選んでみました。(2016/10調べ)


中国人観光客が多い場合には銀聯カード対応サービス
株式会社リンク・プロセシングのAnywhereはこの手のサービスの中で唯一銀聯カードに対応しています。プランが3つで若干複雑ではありますが、中国人観光客が多い場合には十分選択肢に入ると思います。スタンダード、プロフェッショナルプランの場合、入金は月2回、振込手数料は400円になっています。決済手数料は3.2~3.48%+10円です。決済数が多い場合や既にCAT導入している場合は直接契約するとより安い決済手数料になる場合もあります。



入金サイクルで選ぶ

楽天の楽天スマートペイは、楽天銀行の口座であれば自動的に翌日入金の上、振込手数料も無料です。他行でも振込み指示を行うと振込手数料は210円かかりますが翌日に入金します。決済できるカードブランドも6ブランドあり、決済手数料もVisa、Master、AMEXは3.24%、他は3.74%とコスト面でもお得です。




アメリカ発ベンチャーのSquareです。グローバル的に有名なので外国人観光客にとっては安心感があるかもしれません。三井住友銀行またはみずほ銀行の口座であれば翌営業日に自動かつ振込手数料無料で振り込まれます。他行の場合は週一回手数料無料となっています。決済できるカードブランドは3ブランド(Visa、Master、AMEX)のみ、決済手数料は3.25%となっています。意外と高機能な無料POSレジアプリもあります。


交通系電子マネーも使える(予定。日本人に便利)

リクルートのAirペイメントはカードブランド6つと交通系電子マネー決済まで対応する予定となっています(2016/10現在はVisa、Masterのみ)。入金はメガバンクが最大月6回、他の銀行は3回となっており、振込手数料は無料です。Airレジとも連動するのでPOSレジごと検討する場合にはとても低コストで導入できていい選択…

外国人観光客への無線LAN(Wifi)公開注意点

イメージ
訪日外国人観光客の二大不満が「英語」「Wifi」という事で、インバウンド対策では真っ先にあがるWifiですが、日本人にとっても使えればありがたいサービスなので是非とも進めて欲しいものではあります。
しかし、野放しで初めてしまうとリスクもあるので今回は注意すべきポイントについてです。


Wifiのリスク
Wifiを無料で公開する場合のリスクで一番大きいのは、施設や店舗のWifiに接続してから違法な画像・動画をアップロードされてしまったり、殺害予告などの投稿をされてしまう事です。
次に、施設や店舗のWifiに接続してから他の人のアカウントに不正にログインやクラッキングなどの不正アクセスを行われる事です。
どちらも事案が発生して警察が動いた場合、不正行為を行ったIPアドレスは施設や店舗のIPアドレスに見えてしまうためPCなどの機材を調査されたりする可能性があります。


リスクの低減策 不正利用・不正アクセスがあるため、公衆無線LANでは事前にメールアドレスを登録/確認してからWifiが利用できる様にしているのですが、頻繁にその場所を訪れる訳ではない外国人観光客にとっては不便でしかなく、利用されなくなってしまうのがほとんどという状態です。使われないのであればWifi導入も本末転倒ですので利便性とリスクが折り合うところでWifi導入を考えて欲しいと思います。

アプリ認証付き公衆無線LAN事業者のサービスを利用する アプリをインストールするとあちこちのWifiスポットで使える公衆無線LANサービスです。アクセス元の特定などは公衆無線LAN事業者が行ってくれるため、リスクはほぼ無くなるのですが外国人観光客のアプリ利用者数は未知数です。実は日本人も沢山使っていたりします。


Japan Connected-free Wi-Fi
NTTグループの公衆無線LANサービスです。導入するのに一番簡単なのはフレッツ光回線を引いて月500円のオプションで「光ステーション」という無線LANルーターを入れれば完了です。






TRAVEL JAPAN Wi-Fi
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LANサービスです。初期費用29,800円と月額500円の利用料金が必要です。







不正行為者から狙われにくくする
コンセントタイマーなどで無線LANルーターの電源を24時間繋ぎっぱなしにするのではなく、営業時間だ…

飲食店のインバウンド対応 ~最初の5ステップ

イメージ
ブラジルリオのオリンピックも終わり、次は東京オリンピックという事で、益々増加が見込まれる外国人観光客へのインバウンド対応ですが、今回は飲食店のインバウンド対応についてお金かけなくても色々できるのにと思ってた事を書いていきます。


Wifiの設置 スマートフォンを持って訪日している外国人はかなりの割合なのですが、外国人が利用できる日本のネット環境はフリーWifiエリアが(海外に比べると)少なかったり、レンタルルーターやSIMが高額だったりと、あまり良い環境とは言えません。SNSの口コミを集客に利用していきたいのであれば現地の飲食店で写真や美味しかったなどの感想をSNSに投稿出来る様にWifiの整備は重要なのではないかと思います。
意外とWifiが使える飲食店というだけでも安心感があったりしますのでなるべく導入をおすすめします。

地図アプリへの登録 Googleマップなどを使ったことがあれば飲食店などの表示があると思うのですが、ここに自分の店舗を表示させるためには登録が必要になります。知らない土地でも迷わず行ける事からスマートフォンの地図アプリは海外旅行でも利用シーンが拡大していくと思われます。百度地図以外は登録無料ですので一手間掛けるだけで集客に繋がるので利用しない手はないです。
・Googleマップに表示させたければGoogleマイビジネス
Googleマイビジネス


・中国人向けのMAPアプリ百度地図(バイドゥマップ)に表示させたければ百度地図
百度地図登録受付センター ※翻訳付き有料

・iPhoneに標準搭載されているApple MAPSに表示させたければMaps Connect
Appleの地図にMaps Connectで情報を登録する方法(日本対応版)



グローバル版の口コミアプリへの登録 旅行情報コンテンツとしては、Tripadvisor(トリップアドバイザー)が世界最大の閲覧数との事ですのでMAPアプリと供に登録しておくのがいいと思います。 誰でも無料でできる!あなたのお店をトリップアドバイザーに掲載する方法


多言語翻訳・表示 お店の情報やメニューを多言語対応しましょう。しかしながら少なくない翻訳コストがかかりますので最初は英語のみ、他の言語は近くの空港の海外直行便等の状況を見ながら順次対応でもいいのではないかと思います。また、メニューの翻訳も全メニューではなく、スタンダ…